ニキビイメージ

中学生、高校生の悩みの種…ニキビ

ニキビに悩む人は多いですよね。
特に中学生や高校生の時って悪化する人が多いと思います。
私もその一人でした。
中学生なのでメイクで隠すことはできないし、お金もないので高いスキンケア用品を買うということもできません。
CMや雑誌でニキビに効く洗顔や化粧水などよく見かけますが、中学生にとってはなかなかお高い買い物なんですよね。
親に買って買ってと頼んでも、しっかり顔洗えば治ると一喝されたり…それも一理あるとは思います。
中学生や高校生の時って皮脂が多く、すぐに顔がべとついてくるんですよね。
女子たちはあぶら取り紙が必須アイテムでした。
放課後は部活動で更に汗をかく人も多いですから、なかなか治るひまもないのかもしれませんね。
私が中学生の時は、手っ取り早くつぶすということが流行りました。
今考えると怖いもの知らずというか、恐ろしいことしていたなと思います。
赤く大きくなってしまったニキビを針でつぶして膿を出してみたり、指でつぶして白い皮脂をムニュっと押し出したり…その時はとにかく憎き敵を消すことに必死でした。
結果悪化してしまうことが多かったと思いますが、やはり若い時は新陳代謝が良いのかいつの間にか治ることがほとんどでした。
またすぐに次のが出てきてしまうんですけどね。
高校生の時はメイクを始め、ニキビを隠すという手段を手に入れました。
早速ファンデーションやコンシーラーで隠すのですが、まだメイク初心者な私はとにかく塗りたくっていました(笑)そのころの写真を見てみると変に顔が白く浮いていたりして、必死だったなあと思い出します。
思春期ですし、ブツブツと赤みが目立つ顔はとてもストレスでした。
慣れないメイクはお肌にとって更に負担になってしまい、結果的に悪循環になっていたかもしれません。
中学時代、高校時代と悩まされ続けたのですが、18歳あたりからぱたりとできづらくなりました。
やはりできやすい年齢だったのかもしれません。
その後もたまにポツッと現れますが、その場合はすぐに病院に行き塗り薬をもらって塗ると悪化せずに治ります。
もしかしたら野菜をたくさん食べる食生活になったことや、夜遊びなどしなくなって生活リズムが整ったことも関係あるのかもしれません。
自分の子供が中学生や高校生になりニキビに悩んだら、まずは生活リズムや食生活の改善をさせ、洗顔を徹底させます。
それでも治らないようなら皮膚科に連れて行ってあげようと思います。

Copyright(C) 2014 肌質改善.com All Rights Reserved.