ニキビイメージ

ニキビ治療は信頼出来る皮膚科を探すのが近道

私がニキビに悩み始めたのは、中学生の頃です。
初めはオデコに数個のプツプツが出ていただけでした。
それが、まるで感染するかのように顔にまでプツプツが出来るようになってしまったんです。
あっという間に顔中は小さなプツプツから大きなブツブツで埋め尽くされるようになり、ドラッグストアで販売している市販薬も使いましたが、次々と新しいニキビ出来て止まりませんでした。
高校生になっても大学生になってもそうした状態は続きました。
大学生ともなると、メイクを楽しみたい年頃なのに、私は肌のぶつぶつを隠すことだけで必死で、メイクを楽しむ余裕もなく、まわりの友達の綺麗な肌が羨ましくってたまらなかったです。
それだけではなく、肌の汚さが気になって人の目を見て話す事が怖くなり、いつの間にか消極的な性格にもなってしまったんです。
バイトをしてもバイト代は、全部ニキビを治すために投資しました。
効果なスキンケア商品を購入したり、サプリメントを試したり。
でもいくらお金をつぎ込んでも、肌の状態は良くなるどころかどんどん悪化するばかりでした。
それでも当時の私は、皮膚科やエステに通おうという気にはなれませんでした。
どうしてかと言うと、他人に肌を見られたり触られたりするのが恐かったのです。
そのため、どうしても自宅で出来る方法で、自分の手で肌を治したかったんです。
そんな学生生活を送っていたものの、社会人となって接客業につくことになり、これは本当になんとか治療をしなければならないと、強く思うようになったんです。
それで、その時初めて皮膚科に行くことを決心したんです。
一件目の皮膚科は、院内もとても綺麗で最新の治療が出来るととても人気のクリニックでした。
でも、ろくに私の話も聞いてくれず、イオン導入やピーリング等を勧めてくるばかり。
結局何度か通院したものの、あまり肌も改善されずまた話を聞いてくれない先生にも不信感を感じたので、行くのを辞めてしまいました。
その後、母親が通っている近所の小さな皮膚科にいくと、最初の先生とはちがい私の話を親身になって聞いてくれ、時間はかかるかも知れないけど絶対に治るから、と力強く断言してくれたんです。
今まで、どこかで自分のニキビは治らないと諦めていたので、先生のその言葉でどれほど救われたことか分かりません。
治療方法は、最新の美容マシンを使用する訳でもなく、正しいスキンケアの指導と、食生活、そして私の肌に合わせた漢方や塗り薬を処方してくれるというものでした。
まだ完全には治っていないものの、赤みもずいぶんと減り、肌もずっと滑らかになって毎日確実に改善しているのを感じています。
自分だけでは手におえないニキビ治療には、信頼できる医師との連帯プレーが大切だと実感しています。

Copyright(C) 2014 肌質改善.com All Rights Reserved.