ニキビイメージ

絶対に潰してはいけない赤ニキビ

ニキビは、一つでも出来るとかなり気になり、どうしても潰してしまいたい気持ちになってしまいます。
特に顔に出来た物に関しては、その部分が目立ちたくないという思いもあって、出来るだけすぐに潰そうと考えてしまう方も少なくありません。
しかし、間違った方法でニキビを潰したり、その種類によって潰した方が早く治るものと、絶対に潰してはいけない物があるため、安易に全てを潰してしまうのは危険です。
私もたまに顔に出来るにきびが気になり、出来るとすぐ爪で潰していました。
私の場合は、白いにきびが多く、中に白い膿を持ったものだったので、爪と爪で挟むとすぐに中の膿が出てきたり、芯のような塊が出てきていました。
しかし、ある日突然、赤いにきびが出来たのです。
なぜかいつもと違ったタイプのにきびで、少し痛みや腫れを持っていたのですが、気にせず潰してしまおうと思ったのです。
しかし、痛みがあったため、途中で断念しました。
すると、次の日見てみると、昨日よりもひどくなっている感じがあり、これが一生顔に残ったら困ると思い、皮膚科へ診察に行きました。
すると医師から、「赤いにきびは絶対に潰さないで下さい」と言われました。
中に白い膿を持つものや、黒ニキビと呼ばれるものは、正しいやり方で潰せば、早く治る事があるのに対し、赤いにきびは潰す事によって、跡形が残りやすくなるとの話でした。
そして、白にきびが出来た場合にも、手や爪、家にあるピンセットなどを使用せず、専用の機器を使用して潰す事がお薦めだと説明を受けました。
手や爪、ピンセットなどにはたくさんの雑菌がついている事が多く、にきびを潰した際にあいてしまった部分から雑菌が入り込み、炎症を引き起こしてしまう可能性があるそうです。
そして、その後に炎症を起こし、消えない跡形が残ってしまうことにつながってしまうそうです。
きっちりと専用の器具を熱湯消毒し、正しい方法で膿を出す事で、周りの肌を傷つけることなく、膿だけを排出させることが出来、その後のケアをすることで、その後肌は綺麗に治るとのことでした。
間違ったやり方で潰していたことを反省し、きっちりと守って潰さなければならないと改めて思い直しました。
そして赤ニキビに対しては、塗り薬をもらい、洗顔後に塗布するよう指示を受けました。
毎日の生活が乱れないように心がけ、食事にも気を遣うとより、早い肌の回復が見られるはずと言われ、その注意点をしっかりと守っています。
そのおかげか今の所目立つような跡形は残らず、治す事が出来ました。
綺麗な肌を保つために、これからもしっかりとニキビ対策をしていくつもりです。

Copyright(C) 2014 肌質改善.com All Rights Reserved.